Docker Compose のインストール

Compose は OS X、Windows、64-bit Linux で実行可能です。Compose をインストールするには、まず Docker のインストールが必要です。

Compose のインストールは、次のように実行します。

  1. Docker Engine 1.7.1 以上をインストールします。
  1. Docker Toolbox を使えば、 Engine と Compose の両方をインストールします。そのため、 Mac および Windows ユーザは、これでインストール完了です。次のステップに進んでも構いません。
  1. GitHub 上にある Compose リポジトリのリリース・ページ に移動します。
  1. リリース・ページの指示に従い、ターミナル上で curl コマンドを実行します。

注釈

もし 「Permission denied」 エラーが表示される場合は、/usr/local/bin ディレクトリに対する書き込み権限がありません。その場合は Compose をスーパーユーザで実行する必要があります。sudo -i を実行し、2つのコマンドを実行してから exit します。

次の例は、コマンドの書式に関する説明です。

curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.6.2/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` > /usr/local/bin/docker-compose

curl でのインストールに問題がある場合は、 他のインストール方法 をご覧ください。

  1. バイナリに対して実行権限を追加します。
$ chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
  1. オプションで、bashzsh シェルの コマンドライン補完 をインストールします。
  1. インストールを確認します。
$ docker-compose --version
docker-compose version: 1.6.2

他のインストール方法

pip でインストール

Compose は pypi から pip を使いインストールできます。インストールに pip を使う場合、 virtualenv の利用を強く推奨します。これは多くのオペレーティング・システム上の Python システム・パッケージと、docker-compose の依存性に競合する可能性があるためです。詳しくは virtualenv チュートリアル(英語) をご覧ください。

$ pip install docker-compose

注釈

pip バージョン 6.0 以上が必要です。

コンテナとしてインストール

Compose コンテナの中でも、小さな bash スクリプトのラッパーを通することが可能です。Compose をコンテナとして実行・インストールするには、次のようにします。

$ curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.6.2/run.sh > /usr/local/bin/docker-compose
$ chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

マスターのビルド

リリース直前(プレリリース)のビルドに興味があれば、バイナリを https://dl.bintray.com/docker-compose/master/ からダウンロードできます。プレリリース版のビルドにより、リリース前に新機能を試せますが、安定性に欠けるかもしれません。

アップグレード方法

Compose 1.2 以前からアップグレードする場合、Compose を更新後、既存のコンテナの削除・移行が必要です。これは Compose バージョン 1.3 がコンテナ追跡用に Docker ラベルを用いているためであり、ラベルを追加したものへと置き換える必要があります。

Compose は作成されたコンテナにラベルがないことを検出したら、実行を拒否し、処理停止と表示します。既存のコンテナを Compose 1.5.x 以降も使い続けたい場合(たとえば、コンテナにデータ・ボリュームがあり、使い続けたい場合)は、次のコマンドで移行できます。

$ docker-compose migrate-to-labels

あるいは、コンテナを持ち続ける必要がなければ、削除できます。Compose は新しいコンテナを作成します。

$ docker rm -f -v myapp_web_1 myapp_db_1 ...

アンインストール方法

curl を使って Docker Compose をインストールした場合は、次のように削除します。

$ rm /usr/local/bin/docker-compose

pip を使って Docker Compose をインストールした場合は、次のように削除します。

$ pip uninstall docker-compose

注釈

もし 「Permission denied」 エラーが表示される場合は、コマンドを実行する前に、docker-compose を削除するための適切な権限が必要です。強制的に削除するには sudo をあらかじめ実行してから、再度先ほどのコマンドを実行します。