イメージの管理

あなたの組織の内外でイメージを簡単に利用できるようにする方法が、 Docker Hub のような Docker レジストリを使うか、自分で プライベート・レジストリ を動かします。

Docker Hub

Docker Hub は Docker syが管理している公開(パブリック)レジストリです。これは、組織、ユーザアカウント、イメージをまとめている場所です。さらに、ウェブ UI、認証、組織用の認証、CLI や API で docker logindocker pulldocker push のようなアクセス、コメント、スター機能などがあります。

Docker Registry

Docker Registry は Docker エコシステムのコンポーネントです。レジストリとはストレージ(保管場所)であり、コンテント・デリバリ・システムとして Docker イメージ名を保持し、イメージは異なるタグを付けられたバージョンを利用できます。たとえば、 distribution/registry イメージには、 2.0latest のタグがあります。 docker pull myregistry.com/stevvooe/batman:voice のように、ユーザはレジストリで docker push や pull コマンドが利用できます。

Docker Hub は Dockre Registry 事例の1つです。

Content Trust

ネットワーク上のシステム間でデータを転送時、信用 trust が課題の中心です。特に、インターネット上のように信頼できない媒体上で通信する場合、システム操作に関する全データに対し、安全性の確保と提供者を確実なものとする必要があります。 Docker を使えばイメージ(データ)をレジストリに送信/受信できます。コンテント・トラスト(Content trust)を使えば、あらゆるチャンネルを越えたレジストリから受け取る全データの完全性と提供者の両方を認証します。

Docker クライアント上で設定・使用に関する情報は、 コンテント・トラスト をご覧ください。