GitHub Actions の設定

このページでは、 Docker を使った GitHub Action CI/CD パイプラインの設定手順を説明します。新しいパイプラインを設定する前に、CI/CD のベストプラクティスに関する Ben 氏のブログ をご覧いただくのを推奨します。

このガイドで扱う手順は、以下の方法です。

  1. GitHub Actions を設定するための例として、サンプルの Docker プロジェクトを使う
  2. GitHub Actions ワークフローを設定する
  3. 構築回数を減らすようワークフローを最適化
  4. 特定のバージョンのみ Docker Hub に送信

Docker プロジェクトのセットアップ

それでは始めましょう。このガイドでは例としてシンプルな Docker プロジェクトを使います。 SimpleWhaleDemo リポジトリには、 Nginx alpine イメージを含みます。このリポジトリをクローンするか、自分の Docker プロジェクトを使います。

SimpleWhaleDemo

はじめる前に、作成するワークフローから Docker Hub <https://hub.docker.com/> へアクセスできるようにします。そのためには、以下の作業をします。

(以下TBD)

参考

Configure GitHub Actions
https://docs.docker.com/ci-cd/github-actions/