Mac に Docker Desktop をインストール

重要

Docker Desktop の利用条件変更

現在、大企業(従業員が 251 人以上、または、年間収入が 1,000 万米ドル以上 )における Docker Desktop の商用利用には、有料サブスクリプション契約が必要です。必要な有料サブスクリプションの支払猶予は 2022 年 1 月 31 日に終了しました。 詳細はこちらです。

Docker Desktop for Mac へようこそ。このページには、 Docker Desktop for Mac のシステム要件、ダウンロード URL 、Docker Desktop for Mac のインストールと更新の手順の情報を含みます。

システム要件

Docker Desktop を正しくインストールするには、Mac が以下の要件を満たす必要があります。

Intel チップの Mac

  • macOS バージョン 10.15 以上が必要です。 すなわち、 Catalina、Big Sur、Monterey です。macOS の最新バージョンへのインストールを私たちは推奨します。

    macOS をバージョン 10.15 に更新後、何らかの問題が起こった場合には、その macOS と互換性がある Docker Desktop 最新版をインストールしてください。

    注釈

    Docker は最新版 macOS 上での Docker Desktop をサポートします。言い換えると、macOS の現行リリースと、2つ前のリリースまでです。macOS の新しいメジャーバージョンが一般提供開始になった後、 Docker は古いバージョンのサポートを停止し、最新版 macOS のサポート(2つ前までのリリースを含みます)を開始します。 Docker Desktop が現在サポートしているのは、 macOS Catalina、macOS Big Sur、macOS Monterey です。

  • 最小 4GB の メモリ RAM
  • Docker Desktop と互換性がないため、 VirtualBox 4.3.30 以上のインストールが必ずされていないこと

Applie silicon の Mac

  • Docker Desktop 4.3.0 を始めるにあたり、 Rosetta 2 をインストールするハードウェア要件を削除しました。これは Darwin/AMD64 で Rosetta 2 を使う時に、オプションでいくつかのコマンドラインツールで必要なものです。 既知の問題 をご覧ください。ですが、最高の体験を得るために、 Rosetta 2 のインストールを推奨します。Roseta 2 を手動でインストールするには、コマンドラインで以下のコマンドを実行します。

    $ softwareupdate --install-rosetta
    

詳しい情報は、 Applie silicon 用 Docker Desktop をご覧ください。

Mac に Docker Desktop をインストールして動かす

対話形式でインストール

  1. Docker.dmg をダブルクリックし、インストーラを起動したら、アプリケーション・フォルダに Docker アイコンをドラッグします。

    Docker app のインストール
  1. アプリケーション・フォルダ内にある Docker.app をダブルクリックし、 Docker を起動します(下図では、アプリケーション フォルダは「グリッド」表示モードです)。

    アプリ一覧での Docker
  1. Docker メニュー( whale )は Docker サブスクリプション サービス使用許諾(Subscription Service Agreement) ウインドウを表示します。これには Docker Desktop の利用許諾変更の情報が加わっています。

    重要な変更の概要はこちらです:

    • Docker Subscription Service Agreement( Docker サブスクリプション サービス 使用許諾) には、 Docker Desktop の利用許諾の変更を含みます。
    • 中小企業(small businesses) (従業員 250 人未満、かつ、年間売上高が 1,000 万米ドル未満)、個人利用、教育、非商用オープンソースプロジェクトは 引き続き無料 です。
    • 大規模事業者(larger enterprises) での 業務用途(professional use) にはサブスクリプションの支払が必要です。
    • これらの使用許諾の発効日は 2021 年 8 月 31 日です。Docker Desktop の使用にサブスクリプションが必要な場合、 猶予期間 が 2022 年 1 月 31 日まであります。
    • これまでの Docker 無償サブスクリプションは Docker Personal に名前が変わりました。また Docker Business サブスクリプションを導入しました。
    • Docker Pro、 Team、Business サブスクリプションには、 Docker Desktop の 商業的利用(commercial use) を含みます。
  1. 更新した使用許諾を承諾して進むには、表示されているチェックボックスをクリックし、 Accept をクリックします。 使用許諾を承諾した後、 Docker Desktop は起動します。

    重要

    使用許諾に同意しなければ、 Docker Desktop アプリケーションは終了し、以後マシン上で Docker Dekstop を起動しないようようにします。後日、 Docker Desktop を開いた時、使用許諾を承諾するかどうか選択できます。

    詳しい情報は、 Docker Subscription Service Agreement( Docker サブスクリプション サービス 使用許諾) をご覧ください。また、会社で Docker Desktop を使う場合、どのような影響があり得るかについては ブログFAQ を読むのをお勧めします。

コマンドラインからインストール

Docker.dmg をダウンロード後、 Docker Desktop をインストールするには、アプリケーション フォルダ内のターミナルで、以下のコマンドを実行します。

$ sudo hdiutil attach Docker.dmg
$ sudo /Volumes/Docker/Docker.app/Contents/MacOS/install
$ sudo hdiutil detach /Volumes/Docker

install コマンドは、以下のフラグに対応します。

クイック スタート ガイド

アプリのインストールが完了したら、Docker Desktop は クイック スタート ガイド(quick start guide) を開始します。チュートリアルでは簡単な練習として、 Docker イメージを構築、実行し、Docker Hub にイメージを送信します。

Docker クイック スタート チュートリアル

おめでとうございます! Docker Desktop の起動に成功しました。 Docker メニュー ( whale )をクリックし、 Preferences (設定)や他のオプションをご覧ください。必要な時にクイック スタート ガイドを実行するには、Docker メニューから Quick Start Guide を選びます。

更新(アップデート)

更新が利用可能になると、 Docker Desktop は Docker メニューで新しいバージョンが利用可能になったと知らせてくれます。また、 Preferences ( Windows 版では Settings )にある Software Update の部分からも、Docker Desktop の更新が利用可能だと分かります。直ちに更新をダウンロードするか、あるいは、 Release Notes (リリースノート)オプションで更新版で何が導入されたのか分かります。

Docker Desktop 4.2.0 以降、Docker Professional と Docker Pro を含むすべての Docker サブスクリプション利用者は、自動更新の有効化と無効化を選べるオプションが導入されています。詳しい情報は、 ソフトウェア更新 をご覧ください。

注釈

Docker Subscription Service Agreement( Docker サブスクリプション サービス 使用許諾)

2021 年 8 月 31 日以降、Docker Desktop を使い続けるには Docker Subscription Service Agreement( Docker サブスクリプション サービス 使用許諾) への承諾が必要です。変更の詳細は ブログFAQ をご覧ください。

ダウンロードと更新の準備が整っていれば、 Download update (更新のダウンロード)をクリックします。このダウンロードと更新はバックグラウンドで行います。更新のダウンロードが終われば、 Docker メニューから Update and Restart (更新と再起動)をクリックします。これで最新の更新版がインストールされ、Docker の再起動で変更が有効になります。

Docker Desktop を起動したら、Docker Subscription Service Agreement ウインドウが開きます。画面上に表示された情報を読み、どのような影響を受けるか確認します。更新された使用許諾を承諾する場合は、チェックボックスにクリックし、それから続けるには Accept をクリックします。

重要

使用許諾に同意しなければ、 Docker Desktop アプリケーションは終了し、以後マシン上で Docker Dekstop を起動しないようようにします。後日、 Docker Desktop を開いた時、使用許諾を承諾するかどうか選択できます。

使用許諾を承諾した後、 Docker Desktop が起動します。

Docker Desktop のアンインストール

Mac マシンから Docker Desktop をアンインストールするには、

  1. Docker メニューから Troubleshoot (トラブルシュート)を選択し、 Uninstall (アンインストール)を選択します。
  2. 確認画面で、Uninstall をクリックします。

注釈

Docker Desktop のアンインストールは、ローカルのマシンにある Docker コンテナ、イメージ、ボリューム、 Docker 関連のデータ破棄し、アプリケーションによって作成された全てのファイルも破棄します。アンインストール前に重要なデータを保持する方法については、 バックアップと修復 を参照ください。

次はどこへ行きますか

  • Docker Desktop for Mac 利用者マニュアル は Docker Desktop on Mac の概要と、基本的な Docker コマンドの例、ヘルプを得る方法やフィードバックの仕方、その他の Docker Desktop on Mac に関する記事があります。
  • Docker Desktop for Apple silicon は、Apple silicon 用 Docker Desktop に関する詳細情報です。
  • トラブルシューティング は一般的な問題、回避方法、統計情報の送信方法、問題報告の仕方があります。
  • FAQs は、よく見受けられる質問と回答があります。
  • リリースノート は Docker Desktop リリースに関連する更新コンポーネント、新機能、改良の一覧があります。
  • Docker の始め方 は一般的な Docker チュートリアルです。
  • バックアップと修復 は Docker 関連データのバックアップと修復手順です。

参考

Install Docker Desktop on Mac
https://docs.docker.com/desktop/mac/install/