サンプル・アプリケーション

以降のチュートリアルでは、Node.js で動作するシンプルな Todo リスト・マネージャを扱います。Node.js に慣れていなくても、心配無用です。実際の JavaScript 経験を必要としません。

この段階では、あなたの開発チームは非常に小さく、MVP( 実用最小限の製品(Minimum Viable Product) )を検証するためのアプリを構築したばかりです。このアプリが機能する所を見せたいので、この時点では、大きなチームや複数の開発者等が、どのようにして動作させるかを考慮する必要はありません。

Todo List Manager のスクリーンショット

アプリの入手

アプリケーションを実行する前に、マシン上にアプリケーションのソースコードを入手する必要があります。実際のプロジェクトでは、リポジトリのクローンが一般的でしょう。ですが、このチュートリアルでは、アプリケーションを含む ZIP ファイルを作成しました。

  1. アプリの中身を getting-started リポジトリ からダウンロードします。 プロジェクト全体を pull するか、あるいは、 リポジトリの zip ファイルをダウンロード してアプリ用フォルダに展開してから始めましょう。

  2. 展開後は、好きなコードエディタでプロジェクトを開きます。エディタが必要であれば、 Visual Studio Code が使えます。開くと、 package.json と2つのサブディレクトリ( srcspec )が見えるでしょう。

Virusl Studio Code で 読み込んだアプリのスクリーンショット

アプリのコンテナ イメージを 構築(build)

アプリケーションを 構築(build) するには、 Dockerfile を使う必要があります。 Dockerfile とは、コンテナ イメージの作成で使う命令が、分かりやすい文字列で構成されるスクリプトです。これまでに Dockerfile の作成経験があれば、以下手順にある Dockerfile には問題があると気づくかもしれません。ですが、今は心配しないでください。後ほど説明します。

  1. package.json と同じフォルダ内に Dockerfile という名前のファイルを作成し、内容は以下のようにします

    # syntax=docker/dockerfile:1
    FROM node:12-alpine
    RUN apk add --no-cache python2 g++ make
    WORKDIR /app
    COPY . .
    RUN yarn install --production
    CMD ["node", "src/index.js"]
    EXPOSE 3000
    

Dockerfile には .txt のようなファイル拡張子が無いのをご確認ください。エディタによってはファイル拡張子を自動的に付けるため、次の手順でエラーになる場合があります。

  1. まだ終わっていなければ、ターミナルを開き、 app ディレクトリで Dockerfile を開きます。それから docker build コマンドを使ってコンテナ イメージを 構築(build) します。

$ docker build -t getting-started .

このコマンドは、先ほどの Dockerfile を使い、新しいコンテナ イメージを 構築(build) します。実行すると、多くの「 レイヤー(layer) 」がダウンロードされるのが分かるでしょう。これは nonde:12-alpine イメージから起動したいと 構築用プログラム(builder) に対して命令したからです。ですが、マシン上にはイメージがないため、ダウンロードする必要があります。

イメージをダウンロードしたら、アプリケーションをコピーし、 yarn を使ってアプリケーションの 依存関係(dependency) をインストールします。 CMD 命令は、このイメージでコンテナを起動する時に、デフォルトで実行するコマンドを指定します。

最後に -t フラグでイメージに タグ(tag) を付けます。タグとは、最後のイメージに対し、人間が読める名前を単に付けるためと考えてください。このイメージには getting-started` と名前を単に付けましたので、コンテナの実行時に、このイメージ名を示せます。

docker build コマンドの最後にある . は、Docker に対して、現在のディレクトリ内にある Dockerfile を探すべきと命令します。

アプリ コンテナの起動

これでイメージが手に入りましたので、アプリケーションを実行しましょう。そのためには、 docker run コマンドを使います(Part 1 を覚えていますか?)。

  1. コンテナを起動するには、 docker run コマンドを使い、先ほど作成したイメージ名を指定します。

    $  docker run -dp 3000:3000 getting-started
    

この -d-p フラグを覚えていますか? ここでは「 デタッチド(detouched) モード」(バックグランドで)新しいコンテナを実行し、ホスト側のポート 3000 をコンテナのポート 3000 間で関連付け( マッピング(mapping) )をします。ポートの関連付け( ポート マッピング(port mapping) )をしなければ、アプリケーションに接続できません。

  1. 数秒後、自分のウェブ ブラウザで http://localhost:3000 を開きます。そうすると、私たちのアプリが見えるでしょう。

    まだ何も入っていない ToDo List
  1. あとは1つ2つとアイテムを追加すると、期待通りに動作するでしょう。完了したアイテムに印を付けると、アイテムを削除できます。このように、フロントエンドはバックエンドへのアイテム保存に成功しています。とても素早く簡単ですよね?

この時点で、実行中の todo リスト マネージャには複数のアイテムが入っていて、これらは全て自分が構築したものです。それでは、変更を加えつつ、コンテナ管理の仕方を学びましょう。

ここで Docker ダッシュボードを軽く見てみると、2つのコンテナが実行中だと分かるでしょう(このチュートリアルと、作成したばかりのアプリ用コンテナです)。

Docker ダッシュボードにはチュートリアルとアプリ用コンテナが実行中

まとめ

この短いセクションでは、基本中の基本として、コンテナ イメージの構築と、 Dockerfile の作成とイメージの構築を学びました。イメージを構築するだけでコンテナを実行でき、実行中のアプリを表示しています。

次はアプリに変更を加え、実行中のアプリケーションを新しいイメージに更新する方法を学びます。その途中で、いくつかの便利なコマンドも学びます。