IPv6 サポートの有効化

Docker コンテナや swarm サービスで IPv6 を有効化する前に、Docker デーモンで IPv6 サポートを有効化する必要があります。それから、コンテナ、サービス、ネットワークに対して IPv4 か IPv6 (あるいは両方)の割り当てを選びます。

注釈

IPv6 ネットワーク機能をサポートしているのは、 Linux ホスト上の Docker デーモンです。

  1. /etc/docker/daemon.json を編集し、 ipv6 キーを true に設定し、 fixed-cidr-v6 キーを自分の IPv6 サブネットにします。この例では、 2001:db8:1::/64 に対して設定しようとしています。

    {
      "ipv6": true,
      "fixed-cidr-v6": "2001:db8:1::/64"
    }
    

    ファイルを保存します。

  1. Docker 設定ファイルを再読み込みします。

    $ systemctl reload docker
    

これでネットワーク作成時に --ipv6 を指定できるようになり、コンテナに対して --ip6 フラグで IPv6 アドレスを割り当てられるようになります。

参考

Enable IPv6 support | Docker Documentation
https://docs.docker.com/config/daemon/ipv6/