docker image build

説明

Dockerfile からイメージを 構築(build) します。

使い方

$ docker image build [OPTIONS] PATH | URL | -

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--add-host   任意のホストに対し IP を割り当てを追加(host:ip)
--build-arg   構築時の変数を設定
--cache-from   イメージに対してキャッシュ元を指定
--cgroup-parent   コンテナに対する任意の親 cgroup
--compress   構築コンテクストを gzip を使って圧縮
--cpu-period   CPU CFS (completely Fair Scheduler)期間を制限
--cpu-quota   CPU CFS (completely Fair Scheduler)クォータを制限
--cpu-shares-c   CPU 配分(share) (相対ウェイト)
--cpuset-cpus   アクセスを許可する CPU を指定( 0-3, 0, 1 )
--cpuset-mems   アクセスを許可するメモリノードを指定( 0-3, 0, 1 )
--disable-context-trust true イメージの検証を無効化
--file-f   Dockerfile の名前(デフォルトは パス/Dockerfile
--force-rm   中間コンテナを常に削除
--iidfile   イメージ ID をファイルに書き込む
--isolation   コンテナ分離技術
--label   イメージにメタデータを設定
--memory-m   メモリの上限
--memory-swap   スワップの上限は、メモリとスワップの合計と同じ: -1 はスワップを無制限にする
--network   【API 1.25+】 構築中の RUN 命令で使うネットワークモードを指定
--no-cache   イメージの構築時にキャッシュを使用しない
--output-o   【API 1.40+】 アウトプット先を指定(書式:type=local,dest=path)
--platform   【API 1.38+】 サーバがマルチプラットフォーム対応であれば、プラットフォームを指定
--progress auto 進行状況の出力タイプを設定(auto、plain、tty)。plain を使うと、コンテナの出力を表示
--pull   イメージは、常に新しいバージョンのダウンロードを試みる
--quiet-q   構築時の出力と成功時のイメージ ID 表示を抑制
--rm true 構築に成功後、中間コンテナを削除
--secret   【API 1.39+】 構築時に利用するシークレットファイル(BuildKit 有効時のみ): id=mysecret,src=/local/secret
--security-opt   セキュリティのオプション
--shm-size   /dev/shm の容量
--squash   【experimental (daemon) | API 1.25+】 構築するレイヤを、単一の新しいレイヤに 押し込む(squash)
--ssh   【API 1.39+】 構築時に利用する SSH エージェントのソケットやキー(BuildKit 有効時のみ)(書式:default | <id>[=<socket>] | <key>[,<key>]] )
--stream   サーバにアクセスし、構築コンテクストの状況を表示し続ける
--tag-t   名前と、オプションでタグを 名前:タグ の形式で指定
--target   構築する対象の構築ステージを指定
--ulimit   ulimit オプション

親コマンド

コマンド 説明
docker image イメージの管理

関連コマンド

コマンド 説明
docker image build Dockerfile からイメージを構築
docker image history イメージの履歴を表示
docker image import ファイルシステム・イメージを作成するため、tar ボールから内容を 取り込み(import)
docker image inspect 1つまたは複数イメージの詳細情報を表示
docker image load tar アーカイブか標準入力からイメージを 読み込み(load)
docker image ls イメージ一覧表示
docker image prune 使用していないイメージの削除
docker image pull レジストリからイメージやリポジトリを 取得(pull)
docker image push レジストリにイメージやリポジトリを 送信(push)
docker image rm 1つまたは複数のイメージを削除
docker image save 1つまたは複数イメージを tar アーカイブに保存(デフォルトで標準出力にストリーミング)
docker image tag 対象イメージ(TARGET_IMAGE)元イメージ(SOURCE_IMAGE) を参照する タグ(tag) を作成