docker manifest annotate

説明

ローカルイメージマニフェストに追加情報を追加します。

重要

これは Docker クライアントの実験的なコマンドです。

プロダクション環境では使うべきではありません。 Docker CLI で実験的機能を有効かするには、 config.json を編集し、 experimentalenabled にします。

使い方

$ docker manifest annotate [OPTIONS] MANIFEST_LIST MANIFEST

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--arch   アーキテクチャを指定
--os   オペレーティングシステムを指定
--os-features   オペレーティングシステムの機能を指定
--os-version   オペレーティングシステムのバージョンを指定
--variant   アーキテクチャの派生を指定

親コマンド

コマンド 説明
docker manifest Docker イメージ・マニフェストとマニフェスト一覧を管理

関連コマンド

コマンド 説明
docker manifest annotate ローカルイメージマニフェストに追加情報を追加
docker manifest crate ローカルマニフェスト用の注記(annotating)を作成し、レジストリに送信
docker manifest inspect イメージのマニフェストか、マニフェストリストを表示
docker manifest push マニフェストリストをリポジトリに送信
docker manifest rm ローカルストレージから1つまたは複数のマニフェストリストを削除