docker builder build

説明

Dockerfile からイメージを 構築(build) します。

【API 1.31+】このコマンドを使うには、クライアントとデーモンの両方が最小 1.31 を使う必要があります。クライアントとデーモン API バージョンを確認するには、クライアント上で docker version コマンドを実行します。

使い方

$ docker builder build [オプション] パス | URL | -

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--add-host   ホストから任意の IP 割り当てを追加(host:ip)
--build-arg   構築時の変数を指定
--cache-from   キャッシュ元とみなすイメージ
--cgroup-parent   コンテナに対するオプションの親 cgroup
--compress   構築コンテクストを gzip を使って圧縮
--cpu-period   CPU CFS (Completely Fair Scheduler) ピリオドの上限(訳者注:cgroup による CPU リソースへのアクセスを再割り当てする間隔)
--cpu-quota   CPU CFS (Completely Fair Scheduler) クォータの制限
--cpu-shares , -c   CPU 共有(CPU shares)を指定(相対値)
--cpuset-cpus   実行する CPU の割り当て(0-3, 0,1)
--cpuset-mems   実行するメモリ・ノード(MEM)の割り当て(0-3, 0,1)
--disable-content-trust true イメージ検証を無効化
--file , -f   Dockerfile の名前(デフォルトは PATH/Dockerfile
--force-rm   中間コンテナをすべて削除
--iidfile   イメージ ID をファイルに書き込む
--isolation   コンテナ隔離技術
--label   イメージのメタデータを設定
--memory , -m   メモリ制限
--memory-swap   メモリに追加できる swap 上限。なお -1 は swap を無制限
--network   【API 1.25+】構築時、 RUN 命令を実行中のネットワーク・モードを指定
--no-cache   イメージ構築中にキャッシュを使用しない
--output , -o   【API 1.40+】出力先(形式:type=local,dest=path)
--platform   【API 1.38+】サーバがマルチプラットフォーム対応の場合、プラットフォームを指定
--progress auto 進行状況を出力する種類を指定(auto, plain, tty)。 plain を使うとコンテナの出力を表示
--pull   常にイメージの新しいバージョンの取得を試みる
--quiet , -q   構築時の出力を抑制し、成功時はイメージ ID を表示
--rm true 構築に成功後、中間コンテナを削除
--secret   【API 1.39+】構築時に表示するシークレットファイル(BuildKit 有効時のみ): id=mysecret,src=/local/secret
--security-opt   セキュリティオプション
--shm-size   /dev/shm の容量
--squash   【experimental (daemon)】【API 1.25+】構築したレイヤを、1つの新しいレイヤに圧縮(スカッシュ)
--ssh   【API 1.39+】構築時に SSH エージェントのソケットかキーを表示(BuildKit の有効化時のみ)(形式: default | <id>[=<socket>|<key>[,<key>]] )
--stream   サーバにアタッチし、構築コンテクストの状況を表示
--tag , -t   name:tag 形式で、名前とオプションでタグを指定
--target   構築ステージ対象を指定
--ulimit   ulimit オプション

親コマンド

コマンド 説明
docker builder 構築を管理

関連コマンド

コマンド 説明
docker builder build Dockerfile からイメージを構築
docker prune build 構築キャッシュの削除