docker buildx imagetools inspect

説明

レジストリ内のイメージ詳細を表示します。

使い方

$ docker buildx imagetools inspect [OPTIONS] NAME

補足説明

レジストリ内のイメージ詳細を表示します。

使用例:

$ docker buildx imagetools inspect alpine

Name:      docker.io/library/alpine:latest
MediaType: application/vnd.docker.distribution.manifest.list.v2+json
Digest:    sha256:28ef97b8686a0b5399129e9b763d5b7e5ff03576aa5580d6f4182a49c5fe1913

Manifests:
  Name:      docker.io/library/alpine:latest@sha256:5c40b3c27b9f13c873fefb2139765c56ce97fd50230f1f2d5c91e55dec171907
  MediaType: application/vnd.docker.distribution.manifest.v2+json
  Platform:  linux/amd64

  Name:      docker.io/library/alpine:latest@sha256:c4ba6347b0e4258ce6a6de2401619316f982b7bcc529f73d2a410d0097730204
  MediaType: application/vnd.docker.distribution.manifest.v2+json
  Platform:  linux/arm/v6
  ...

コマンドの使用例は、以下の 使用例のセクション をご覧ください。

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--raw   オリジナルの JSON マニフェストを表示
--builder   設定したビルダインスタンスを上書き

使用例

builder 対象の設定を上書き (--builder)

buildx --builder と同じです。

オリジナルの未フォーマット JSON マニフェストを表示(--raw)

--raw オプション使い、フォーマット済みの出力ではなく、オリジナルの JSON を表示します。

親コマンド

コマンド 説明
docker buildx imagetools レジストリにあるイメージを操作するコマンド

関連コマンド

コマンド 説明
docker buildx imagetools create ソース・イメージを元に新しいイメージを作成
docker buildx imagetools inspect レジストリ内のイメージ詳細を表示