docker context create

説明

context を 作成(create) します。

使い方

$ docker context create [OPTIONS] CONTEXT

補足説明

コマンドの使用例は、以下の 使用例のセクション をご覧ください。

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--default-stack-orchestrator   deprecated】スタックを操作するデフォルトのオーケストレータとして、この context を使う( swarm | kubernetes | all )
--description   context の説明
--docker   docker エンドポイントを指定
--from   名前付き(named) context から context を作成
--kubernetes   deprecated】【kubernetes】kubernetes エンドポイントを指定

使用例

docker と kubernetes エンドポイントを使い context を作成

指定した docker を使い、ゼロから context を作成します。また、必要があれば kubernetes オプションもあります。以下の例は docker のエンドポイント /var/run/docker.sock と、 /home/me/my-kube-config ファイルを元にする kubernetes 設定を使い、 my-context という名前の context を作成します。

$ docker context create \
    --docker host=unix:///var/run/docker.sock \
    --kubernetes config-file=/home/me/my-kube-config \
    my-context

既存の context を元に context を作成

既存の context から新しい context を作成するには、 --from=<context-name> オプションを使います。以下の例は、既存の context existing-context から、 my-context という名前の新しい context を作成します。

$ docker context create --from existing-context my-context

--from オプションの指定がなければ、現在の context から context を作成します。

$ docker context create my-context

以下は、既存の DOCKER_HOST の外にあるスクリプトを元に context を作成します。

$ source my-setup-script.sh
$ docker context create my-context

docker エンドポイント設定の元(ソース)となるのは、 --docker from=<context-name> オプションを使った既存の context のみです。以下の例は、 my-context という名前の context を作成するために、既存の context existing-context にある docker エンドポイント設定を使い、また、 /home/me/my-kube-config ファイルを元にする kubernetes 設定を使います。

$ docker context create \
    --docker from=existing-context \
    --kubernetes config-file=/home/me/my-kube-config \
    my-context

kubernetes エンドポイント設定の元(ソース)となるのは、 --kubernetes from=<context-name> オプションを使った既存の context のみです。以下の例は my-context という名前の context を作成するため、既存の existing-context にある kubernetes 設定と、 /var/run/docker.sock の docker エンドポイント設定を使います。

$ docker context create \
    --docker host=unix:///var/run/docker.sock \
    --kubernetes from=existing-context \
    my-context

Docker と Kubernetes エンドポイント設定だけでなく、デフォルトの stack オーケストレータと説明は、 docker context update で更新できます。

詳細は docker context update リファレンス をご覧ください。

親コマンド

コマンド 説明
docker Docker CLI のベースコマンド。

関連コマンド

コマンド 説明
docker context create context を作成
docker context export context を tar もしくは kubeconfig ファイルに出力
docker context import tar もしくは zip ファイルから context を読み込み
docker context inspect 1つまたは複数 context の情報を表示
docker context ls context 一覧表示
docker context rm 1つまたは複数 context を削除
docker context update context の更新
docker context use 現在の docker context を指定