docker plugin create

説明

rootfs (ルート・ファイルシステム)と設定からプラグインを作成します。プラグインのデータディレクトリには、 config.json と rootfs ディレクトリが必須です。

【API 1.25+】このコマンドを使うには、クライアントとデーモン API の両方が、少なくとも 1.25 の必要があります。クライアントとデーモン API のバージョンを調べるには、 docker version コマンドを使います。

使い方

$ docker plugin create [OPTIONS] PLUGIN PLUGIN-DATA-DIR

補足説明

プラグインを作成します。プラグインを作成する前に、プラグインのルート・ファイルシステムだけでなく、 config.json の準備も必要です。

コマンドの使用例は、以下の 使用例のセクション をご覧ください。

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--compress   コンテクストを gzip で圧縮

使用例

以下の例は、サンプル plugin を作成する方法を示します。

$ ls -ls /home/pluginDir

total 4
4 -rw-r--r--  1 root root 431 Nov  7 01:40 config.json
0 drwxr-xr-x 19 root root 420 Nov  7 01:40 rootfs

$ docker plugin create plugin /home/pluginDir

plugin

$ docker plugin ls

ID              NAME            DESCRIPTION                  ENABLED
672d8144ec02    plugin:latest   A sample plugin for Docker   false

以降は、プラグインをローカルで有効化したり、パブリック・レジストリに送信可能になります。

親コマンド

コマンド 説明
docker plugin プラグインを管理

関連コマンド

コマンド 説明
docker plugin create rootfs と設定からプラグインを作成。プラグインのデータディレクトリには、 config.json と rootfs ディレクトリが必須
docker plugin disable プラグインの無効化
docker plugin enable プラグインの有効化
docker plugin inspect 1つまたは複数プラグインの詳細情報を表示
docker plugin install プラグインをインストール
docker plugin ls プラグイン一覧表示
docker plugin rm 1つまたは複数プラグインを削除
docker plugin set プラグインの設定を変更
docker plugin upgrade 既存のプラグインを更新