docker stack ls

説明

スタックを一覧表示します。

【API 1.25+】このコマンドを使うには、クライアントとデーモン API の両方が、少なくとも 1.25 の必要があります。クライアントとデーモン API のバージョンを調べるには、 docker version コマンドを使います。

使い方

$ docker stack ls [OPTIONS]

補足説明

スタックを一覧表示します。

注釈

これはクラスタ管理コマンドであり、 swarm manager ノードで実行する必要があります。manager と worker について学ぶには、ドキュメント内の Swarm モードのセクション を参照ください。

コマンドの使用例は、以下の 使用例のセクション をご覧ください。

使用例

以下のコマンドは、全てのスタックと追加情報を表示します。

$ docker stack ls

ID                 SERVICES            ORCHESTRATOR
myapp              2                   Kubernetes
vossibility-stack  6                   Swarm

表示形式

出力形式のオプション( --format )は Go テンプレートを用いて出力を調整し、表示を整えます。

有効な Go テンプレートの placeholder は以下の通りです。

placeholder 説明
.Name スタック名
.services サービス数
.Orchestrator オーケストレータ名
.Namespace 名前空間

--format オプションを使うと、 stack ls コマンドはテンプレート宣言通りに正確にデータを出力するか、 table ディレクティブによってヘッダ列も同様に表示するかのいずれかです。

以下の例では、ヘッダのないテンプレートを使いますが、全てのイメージに対して NameServices の項目をコロン : で分けて表示します。

$ docker stack ls --format "{{.Name}}: {{.Services}}"
web-server: 1
web-cache: 4

親コマンド

コマンド 説明
docker stack Docker stack を管理

関連コマンド

コマンド 説明
docker stack deploy 新しいスタックをデプロイするか、既存のスタックを更新
docker stack ls スタックを一覧表示
docker stack ps スタック内のタスクを一覧表示
docker stack rm 1つまたは複数スタックを削除
docker stack services タスク内のサービスを一覧表示