docker stack ps

説明

スタック内のタスクを一覧表示します。

【API 1.25+】このコマンドを使うには、クライアントとデーモン API の両方が、少なくとも 1.25 の必要があります。クライアントとデーモン API のバージョンを調べるには、 docker version コマンドを使います。

使い方

$ docker stack ps [OPTIONS] STACK

補足説明

指定したスタックの一部として実行しているタスクを、一覧標示します。

注釈

これはクラスタ管理コマンドであり、 swarm manager ノードで実行する必要があります。manager と worker について学ぶには、ドキュメント内の Swarm モードのセクション を参照ください。

コマンドの使用例は、以下の 使用例のセクション をご覧ください。

使用例

スタックを構成するタスクの一覧標示

以下のコマンドは、 voting スタックを構成する全てのタスクを表示します。

$ docker stack ps voting

ID                  NAME                  IMAGE                                          NODE   DESIRED STATE  CURRENT STATE          ERROR  PORTS
xim5bcqtgk1b        voting_worker.1       dockersamples/examplevotingapp_worker:latest   node2  Running        Running 2 minutes ago
q7yik0ks1in6        voting_result.1       dockersamples/examplevotingapp_result:before   node1  Running        Running 2 minutes ago
rx5yo0866nfx        voting_vote.1         dockersamples/examplevotingapp_vote:before     node3  Running        Running 2 minutes ago
tz6j82jnwrx7        voting_db.1           postgres:9.4                                   node1  Running        Running 2 minutes ago
w48spazhbmxc        voting_redis.1        redis:alpine                                   node2  Running        Running 3 minutes ago
6jj1m02freg1        voting_visualizer.1   dockersamples/visualizer:stable                node1  Running        Running 2 minutes ago
kqgdmededccb        voting_vote.2         dockersamples/examplevotingapp_vote:before     node2  Running        Running 2 minutes ago
t72q3z038jeh        voting_redis.2        redis:alpine                                   node3  Running        Running 3 minutes ago

フィルタリング

フィルタリング・フラグ( -f または --filter )の書式は key=value のペアです。フィルタを何回もしたい場合は、複数のフラグを使います(例: -filter "foo=bar" --filter "bif=baz" )。複数のフィルタを指定したら、 OR (同一条件)フィルタとして連結されます。例えば、 -f name=redis.1 -f name=redis.7redis.1redis.7 の両タスクを返します。

現時点でサポートしているフィルタは、次の通りです。

id

id フィルタはタスク ID の一部もしくは全体と一致します。

$ docker stack ps -f "id=t" voting

ID                  NAME                IMAGE               NODE         DESIRED STATE       CURRENTSTATE            ERROR  PORTS
tz6j82jnwrx7        voting_db.1         postgres:9.4        node1        Running             Running 14 minutes ago
t72q3z038jeh        voting_redis.2      redis:alpine        node3        Running             Running 14 minutes ago

node

node フィルタは、ノード名もしくは ノード ID と一致します。

$ docker stack ps -f "name=voting_redis" voting

ID                  NAME                IMAGE               NODE         DESIRED STATE       CURRENTSTATE            ERROR  PORTS
w48spazhbmxc        voting_redis.1      redis:alpine        node2        Running             Running 17 minutes ago
t72q3z038jeh        voting_redis.2      redis:alpine        node3        Running             Running 17 minutes ago

desired-state

disired-state フィルタで使える値は runningshutdownreadyaccepted です。

$ docker stack ps -f "node=node1" voting

ID                  NAME                  IMAGE                                          NODE   DESIRED STATE  CURRENT STATE          ERROR  PORTS
q7yik0ks1in6        voting_result.1       dockersamples/examplevotingapp_result:before   node1  Running        Running 18 minutes ago
tz6j82jnwrx7        voting_db.1           postgres:9.4                                   node1  Running        Running 18 minutes ago
6jj1m02freg1        voting_visualizer.1   dockersamples/visualizer:stable                node1  Running        Running 18 minutes ago

表示形式

表示形式のオプション( --format )は、Go テンプレートを使ってタスクの出力を整形します。

Go テンプレートで有効なプレースホルダは以下の通りです。

placeholder 説明
.ID タスク ID
.Name タスク名
.Image タスクイメージ
.Node ノード ID
.DesiredState タスクの 期待状態(desired state)running, shutdown, accepted
.Currentstate タスクの現在の状態
.Error エラー
.Ports タスク公開ポート

--format オプションを指定すると、 stack ps コマンドはテンプレートで宣言した通りにデータを出力するか、 table 命令を使えばカラム列も同様に表示するかのどちらかです。

以下の例はヘッダ無しのテンプレートを使い、全てのシークレットに対する NameImage のエントリをコロン( : )で区切って出力します。

$ docker stack ps --format "{{.Name}}: {{.Image}}" voting

voting_worker.1: dockersamples/examplevotingapp_worker:latest
voting_result.1: dockersamples/examplevotingapp_result:before
voting_vote.1: dockersamples/examplevotingapp_vote:before
voting_db.1: postgres:9.4
voting_redis.1: redis:alpine
voting_visualizer.1: dockersamples/visualizer:stable
voting_vote.2: dockersamples/examplevotingapp_vote:before
voting_redis.2: redis:alpine

ID と名前の対応をしない

--no-resolve オプションはタスク名の ID を表示しますが、ID から名前への対応付け(マッピング)を行いません。

$ docker stack ps --no-resolve voting

ID                  NAME                          IMAGE                                          NODE                        DESIRED STATE  CURRENT STATE            ERROR  PORTS
xim5bcqtgk1b        10z9fjfqzsxnezo4hb81p8mqg.1   dockersamples/examplevotingapp_worker:latest   qaqt4nrzo775jrx6detglho01   Running        Running 30 minutes ago
q7yik0ks1in6        hbxltua1na7mgqjnidldv5m65.1   dockersamples/examplevotingapp_result:before   mxpaef1tlh23s052erw88a4w5   Running        Running 30 minutes ago
rx5yo0866nfx        qyprtqw1g5nrki557i974ou1d.1   dockersamples/examplevotingapp_vote:before     kanqcxfajd1r16wlnqcblobmm   Running        Running 31 minutes ago
tz6j82jnwrx7        122f0xxngg17z52be7xspa72x.1   postgres:9.4                                   mxpaef1tlh23s052erw88a4w5   Running        Running 31 minutes ago
w48spazhbmxc        tg61x8myx563ueo3urmn1ic6m.1   redis:alpine                                   qaqt4nrzo775jrx6detglho01   Running        Running 31 minutes ago
6jj1m02freg1        8cqlyi444kzd3panjb7edh26v.1   dockersamples/visualizer:stable                mxpaef1tlh23s052erw88a4w5   Running        Running 31 minutes ago
kqgdmededccb        qyprtqw1g5nrki557i974ou1d.2   dockersamples/examplevotingapp_vote:before     qaqt4nrzo775jrx6detglho01   Running        Running 31 minutes ago
t72q3z038jeh        tg61x8myx563ueo3urmn1ic6m.2   redis:alpine                                   kanqcxfajd1r16wlnqcblobmm   Running        Running 31 minutes ago

出力を省略しない

サービスのデプロイ時、docker はサービス用イメージのダイジェスト値を確認し、それからダイジェスト値をサービスに固定します。デフォルトではダイジェスト値は表示されませんが、 --no-trunc を使うと表示します。また、 --no-trunc オプションはタスク ID とエラーメッセージも、以下のように省略しません。

$ docker stack ps --no-trunc voting

ID                          NAME                  IMAGE                                                                                                                 NODE   DESIRED STATE  CURREN STATE           ERROR  PORTS
xim5bcqtgk1bxqz91jzo4a1s5   voting_worker.1       dockersamples/examplevotingapp_worker:latest@sha256:3e4ddf59c15f432280a2c0679c4fc5a2ee5a797023c8ef0d3baf7b1385e9fed   node2  Running        Runnin 32 minutes ago
q7yik0ks1in6kv32gg6y6yjf7   voting_result.1       dockersamples/examplevotingapp_result:before@sha256:83b56996e930c292a6ae5187fda84dd6568a19d97cdb933720be15c757b7463   node1  Running        Runnin 32 minutes ago
rx5yo0866nfxc58zf4irsss6n   voting_vote.1         dockersamples/examplevotingapp_vote:before@sha256:8e64b182c87de902f2b72321c89b4af4e2b942d76d0b772532ff27ec4c6ebf6     node3  Running        Runnin 32 minutes ago
tz6j82jnwrx7n2offljp3mn03   voting_db.1           postgres:9.4@sha256:6046af499eae34d2074c0b53f9a8b404716d415e4a03e68bc1d2f8064f2b027                                   node1  Running        Runnin 32 minutes ago
w48spazhbmxcmbjfi54gs7x90   voting_redis.1        redis:alpine@sha256:9cd405cd1ec1410eaab064a1383d0d8854d1ef74a54e1e4a92fb4ec7bdc3ee7                                   node2  Running        Runnin 32 minutes ago
6jj1m02freg1n3z9n1evrzsbl   voting_visualizer.1   dockersamples/visualizer:stable@sha256:f924ad66c8e94b10baaf7bdb9cd491ef4e982a1d048a56a17e02bf5945401e5                node1  Running        Runnin 32 minutes ago
kqgdmededccbhz2wuc0e9hx7g   voting_vote.2         dockersamples/examplevotingapp_vote:before@sha256:8e64b182c87de902f2b72321c89b4af4e2b942d76d0b772532ff27ec4c6ebf6     node2  Running        Runnin 32 minutes ago
t72q3z038jehe1wbh9gdum076   voting_redis.2        redis:alpine@sha256:9cd405cd1ec1410eaab064a1383d0d8854d1ef74a54e1e4a92fb4ec7bdc3ee7                                   node3  Running        Runnin 32 minutes ago

タスク ID のみ表示

-q または --quiet オプションはスタック内のタスク ID のみ表示します。以下の例は "voting" スタックのタスク ID すべてを表示します。

$ docker stack ps -q voting
xim5bcqtgk1b
q7yik0ks1in6
rx5yo0866nfx
tz6j82jnwrx7
w48spazhbmxc
6jj1m02freg1
kqgdmededccb
t72q3z038jeh

このオプションはバッチ操作を処理するために使えます。たとえば、タスク ID を docker inspect のような他のコマンドの入力に使います。以下の例は "voting" スタックの全タスクを調べます。

$ docker inspect $(docker stack ps -q voting)

[
    {
        "ID": "xim5bcqtgk1b1gk0krq1",
        "Version": {
<...>

親コマンド

コマンド 説明
docker stack Docker stack を管理

関連コマンド

コマンド 説明
docker stack deploy 新しいスタックをデプロイするか、既存のスタックを更新
docker stack ls スタックを一覧表示
docker stack ps スタック内のタスクを一覧表示
docker stack rm 1つまたは複数スタックを削除
docker stack services タスク内のサービスを一覧表示