docker container cp

参考

docker cp

説明

コンテナとローカルファイルシステム間で、ファイルやフォルダを コピー(copy) します。

使い方

$ docker container cp [OPTIONS] CONTAINER:SRC_PATH DEST_PATH|-
docker cp [OPTIONS] SRC_PATH|- CONTAINER:DEST_PATH

補足説明

コンテナとローカルファイルシステム間で、ファイルやフォルダを コピー(copy) します。

tar アーカイブや標準入力から読み込むには、 - をソース(コピー元)として使うと、それをコンテナ内の送り先に展開します。送り先に - を使うと、コンテナ内のソース(コピー元)にある tar アーカイブを、標準出力にストリームします。

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--archive, -a   アーカイブ・モード(全ての uid/gid 情報をコピー)
--follow-link, -L   SRC_PATH(コピー元)のシンボリックリンクを常にフォロー

親コマンド

コマンド 説明
docker Docker CLI のベースコマンド。

関連コマンド

コマンド 説明
docker container attach ローカルの標準入出、標準出力、標準エラーのストリームに、実行中のコンテナを 接続(attach)
docker container commit コンテナの変更から新しいイメージを作成
docker container cp コンテナとローカルファイルシステム間で、ファイルやフォルダを コピー(copy)
docker container create 新しいコンテナを 作成(create)
docker container diff コンテナのファイルシステム上で、ファイルやディレクトリの変更を調査
docker container exec 実行中のコンテナ内でコマンドを実行
docker container export コンテナのファイルシステムを tar アーカイブとして 出力(export)
docker container inspect 1つまたは複数コンテナの情報を表示
docker container kill 1つまたは複数の実行中コンテナを 強制停止(kill)
docker container logs コンテナのログを取得
docker container ls コンテナ一覧
docker container pause 1つまたは複数コンテナ内の全てのプロセスを 一時停止(pause)
docker container port ポート 割り当て(mapping) の一覧か、特定のコンテナに対する 割り当て(mapping)
docker container prune すべての停止中のコンテナを削除
docker container rename コンテナの 名前変更(rename)
docker container restart 1つまたは複数のコンテナを再起動
docker container rm 1つまたは複数のコンテナを 削除(remove)
docker container run 新しいコンテナでコマンドを 実行(run)
docker container start 1つまたは複数のコンテナを 開始(start)
docker container stats コンテナのリソース使用統計情報をライブストリームで表示
docker container stop 1つまたは複数の実行中コンテナを 停止(stop)
docker container top コンテナで実行中のプロセスを表示
docker container unpause 1つまたは複数コンテナの 一時停止を解除(unpause)
docker container update 1つまたは複数コンテナの設定を 更新(update)
docker container wait 1つまたは複数コンテナが停止するまでブロックし、終了コードを表示