docker container create

説明

新しいコンテナを 作成(create) します。

使い方

$ docker container create [OPTIONS] IMAGE [COMMAND] [ARG...]

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--add-host   任意のホスト名と IP アドレスの割り当てを追加(host:ip)
--attach , -a   標準入力、標準出力、標準エラー出力にアタッチ
--blkio-weight   ブロック I/O ウエイト(相対値)を 10 ~ 1000 までの値でウエイトを設定(デフォルト 0)
--blkio-weight-device   ブロック I/O ウエイト(相対デバイス値)
--cap-add   Linux ケーパビリティを追加
--cap-drop   Linux ケーパビリティを削除
--cgroup-parent   コンテナに対し、オプションの親 cgroup を追加
--cgroups   【API 1.41+】 使用する cgorup 名前空間を指定します( host | private )。 host は、Docker ホストの cgroup 名前空間内でコンテナを実行します。 private は自身の cgroup 名前空間でコンテナを実行します。使用する cgorup 名前空間は、デーモンのオプション default-cgroupns-mode によって設定されたものです(デフォルト)
--cidfile   コンテナ ID をファイルに書き出す
--cpu-count   CPU カウント(Windowsのみ)
--cpu-percent   CPU パーセント(Windowsにみ)
--cpu-period   CPU CFS (Completely Fair Scheduler) の間隔を設定
--cpu-quota   CPU CFS (Completely Fair Scheduler) のクォータを設定
--cpu-rt-period   【API 1.25+】 CPU real-time period 制限をマイクロ秒で指定
--cpu-rt-runtime   【API 1.25+】 CPU real-time runtime 制限をマイクロ秒で指定
--cpu-shares , -c   CPU 共有(相対値)
--cpus   【API 1.25+】 CPU 数
--cpuset-cpus   実行する CPU の割り当て(0-3, 0,1)
--cpuset-mems   実行するメモリ・ノード(MEM)の割り当て(0-3, 0,1)
--device   ホスト・デバイスをコンテナに追加
--device-cgroup-rule   cgroup を許可するデバイス一覧にルールを追加
--device-read-bps   デバイスからの読み込みレートを制限
--device-read-iops   デバイスからの読み込みレート(1秒あたりの IO)を制限
--device-write-bps   デバイスからの書き込みレートを制限
--device-write-iops   デバイスからの書き込みレート(1秒あたりの IO)を制限
--disable-content-trust true イメージの認証を省略
--dns   任意の DNS サービスを指定
--dns-opt   DNS オプションを指定
--dns-option   DNS オプションを指定
--dns-search   任意の DNS 検索ドメインを指定
--domainname   コンテナ NIS ドメイン名
--entrypoint   イメージのデフォルト ENTRYPOINT を上書き
--env , -e   環境変数を指定
--env-file   環境変数のファイルを読み込む
--expose   公開するポートまたはポート範囲
--gpus   【API 1.40+】 コンテナに対して GPU デバイスを追加( all は全ての GPU を割り当て)
--group-add   参加する追加グループを指定
--health-cmd   正常性を確認するために実行するコマンド
--health-interval   確認を実行する間隔( ms|s|m|h)(デフォルト 0s)
--health-retries   障害と報告するために必要な、失敗を繰り返す回数
--health-start-period   【API 1.29+】 正常性確認をカウントダウン開始するまで、コンテナ初期化まで待つ期間を指定(ms|s|m|h)(デフォルト 0s)
--health-timeout   実行の確認を許容する最長時間(ms|s|m|h)(デフォルト 0s)
--help   使い方を表示
--hostname , -h   コンテナのホスト名
--init   【API 1.25+】コンテナ内で 初回のプロセス(init) として実行し、シグナルを転送し、プロセスに渡す
--interactive , -i   アタッチしていなくても、標準入力を開き続ける
--io-maxbandwidth   システム・デバイスの IO 帯域に対する上限を指定(Windowsのみ)
--io-maxiops   システム・ドライブの最大 IO/秒に対する上限を指定(Windowsのみ)
--ip   IPv4 アドレス(例:172.30.100.104)
--ipv6   IPv6 アドレス(例:2001:db8::33)
--ipc   使用する IPC 名前空間
--isolation   コンテナ分離(隔離)技術
--kernel-memory   カーネル・メモリ上限
--label , -l   コンテナにメタデータを指定
--label-file   行ごとにラベルを記述したファイルを読み込み
--link   他のコンテナへのリンクを追加
--link-local-ip   コンテナとリンクするローカルの IPv4/IPv6 アドレス
--log-driver   コンテナ用のログ記録ドライバを追加
--log-opt   ログドライバのオプションを指定
--mac-address   コンテナの MAC アドレス (例: 92:d0:c6:0a:29:33)
--memory , -m   メモリ上限
--memory-reservation   メモリのソフト上限
--memory-swap   整数値の指定はメモリにスワップ値を追加。 -1 は無制限スワップを有効化
--memory-swappiness -1 コンテナ用メモリの スワップ程度(swappiness) を調整。整数値の 0 から 100 で指定
--mount   ファイルシステムをアタッチし、コンテナにマウント
--name   コンテナに名前を割り当て
--net   コンテナをネットワークに接続
--net-alias   コンテナにネットワーク内部用のエイリアスを追加
--network   コンテナをネットワークに接続
--network-alias   コンテナにネットワーク内部用のエイリアスを追加
--no-healthcheck   あらゆるコンテナ独自の HEALTHCHECK を無効化
--oom-kill-disable   コンテナの OOM Killer を無効化するかどうか指定
--oom-score-adj   コンテナに対してホスト側の OOM 優先度を設定 ( -1000 ~ 1000 を指定)
--pid   使用する PID 名前空間
--pids-limit   コンテナの pids 制限を調整( -1 は無制限)
--platform   【API 1.32+】 サーバがマルチプラットフォーム対応であれば、プラットフォームを指定
--privileged   このコンテナに対して 拡張権限(extended privileged) を与える
--publish , -p   コンテナのポートをホストに公開
--publish-all , -P   全ての出力用ポートをランダムなポートで公開
--pull missing 作成する前にイメージを取得( "always" | "missing" | "never" )
--read-only no コンテナのルートファイルシステムを 読み込み専用(read-only) としてマウント
--restart no コンテナ終了時に適用する再起動ポリシー
--rm   コンテナ終了時に、自動的に削除
--runtime   コンテナで使うランタイム名を指定
--security-opt   セキュリティ・オプション
--shm-size   /dev/shm の容量
--stop-signal SIGTERM コンテナを停止するシグナル
--stop-timeout   【API 1.25+】コンテナ停止までのタイムアウト(秒)を指定
--storage-opt   コンテナに対するストレージ上ージ・ドライバのオプション
--sysctl   sysctl オプション
--tmpfs   tmpfs ディレクトリをムント
--tty , -t   疑似(pseudo) TTY を割り当て
--ulimit   ulimit オプション
--user , -u   ユーザ名または UID (format: <name|uid>[:<group|gid>])
--userns   使用する ユーザ名前空間(user namespace)
--uts   使用する UTS 名前空間
--volume , -v   バインドマウントするボリューム
--volume-driver   コンテナに対するオプションのボリュームドライバを指定
--volumes-from   指定したコンテナからボリュームをマウント
--workdir , -w   コンテナ内の作業ディレクトリ

親コマンド

コマンド 説明
docker Docker CLI のベースコマンド。

関連コマンド

コマンド 説明
docker container attach ローカルの標準入出、標準出力、標準エラーのストリームに、実行中のコンテナを 接続(attach)
docker container commit コンテナの変更から新しいイメージを作成
docker container cp コンテナとローカルファイルシステム間で、ファイルやフォルダを コピー(copy)
docker container create 新しいコンテナを 作成(create)
docker container diff コンテナのファイルシステム上で、ファイルやディレクトリの変更を調査
docker container exec 実行中のコンテナ内でコマンドを実行
docker container export コンテナのファイルシステムを tar アーカイブとして 出力(export)
docker container inspect 1つまたは複数コンテナの情報を表示
docker container kill 1つまたは複数の実行中コンテナを 強制停止(kill)
docker container logs コンテナのログを取得
docker container ls コンテナ一覧
docker container pause 1つまたは複数コンテナ内の全てのプロセスを 一時停止(pause)
docker container port ポート 割り当て(mapping) の一覧か、特定のコンテナに対する 割り当て(mapping)
docker container prune すべての停止中のコンテナを削除
docker container rename コンテナの 名前変更(rename)
docker container restart 1つまたは複数のコンテナを再起動
docker container rm 1つまたは複数のコンテナを 削除(remove)
docker container run 新しいコンテナでコマンドを 実行(run)
docker container start 1つまたは複数のコンテナを 開始(start)
docker container stats コンテナのリソース使用統計情報をライブストリームで表示
docker container stop 1つまたは複数の実行中コンテナを 停止(stop)
docker container top コンテナで実行中のプロセスを表示
docker container unpause 1つまたは複数コンテナの 一時停止を解除(unpause)
docker container update 1つまたは複数コンテナの設定を 更新(update)
docker container wait 1つまたは複数コンテナが停止するまでブロックし、終了コードを表示