docker compose build

説明

サービスの構築もしくは再構築です。

使い方

$ docker compose build [SERVICE...]

補足説明

サービスを一旦 構築(build) し、その後にタグ付けします。デフォルトでは project_service (プロジェクト名_サービス名)です。

Compose ファイル仕様の image 名があれば、対象のイメージはその名前でタグ付けされるため、以前に指定していた値は上書きされます。詳細は 変数の書き換え をご覧ください。

サービスの Dockerfile や構築ディレクトリ内容を変更した場合は、それらを再構築するために docker compose build を実行します。

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--build-arg   サービスの構築時に変数を指定
--compress true 構築コンテクストを gzip を使って圧縮。非推奨
--force-rm true 中間コンテナを常に削除。非推奨
--memory , -m   構築コンテナのメモリ上限を指定。buidkit では未サポート
--no-cache   イメージの構築時にキャッシュを使わない
--no-rm   構築の成功後、中間コンテナを削除しない。非推奨
--parallel true 並列にイメージを構築。非推奨
--progress auto 進捗の出力タイプを指定( autoplainnoTty
--pull   常にイメージの新しいバージョンの取得を試みる
--quite , -q   標準出力(STDOUT)に何も表示しない

親コマンド

コマンド 説明
docker Docker CLI のベースコマンド。

関連コマンド

コマンド 説明
docker compose biuld サービスの構築もしくは再構築
docker compose convert compose ファイルをプラットフォーム固有の形式に変換
docker compose cp サービス・コンテナとローカル・ファイルシステム間でファイルやフォルダをコピー
docker compose create サービス用のコンテナを作成
docker compose down コンテナやネットワークの停止と削除
docker compose events コンテナからリアルタイムにイベントを受信
docker compose exec 実行中のコンテナ内でコマンドを実行
docker compose images 作成したコンテナが使っているイメージを一覧表示
docker compose kill サービスコンテナを強制停止
docker compose logs コンテナからの出力を表示
docker compose ls 実行中の compose プロジェクトを一覧表示
docker compose pause サービスの一時停止
docker compose port ポートを確保している公開ポートを表示
docker compose ps コンテナを一覧表示
docker compose pull サービスのイメージを取得
docker compose push サービスのイメージを送信
docker compose restart コンテナの再起動
docker compose rm 停止済みのサービス・コンテナを削除
docker compose run サービスを一度限りのコマンドとして実行
docker compose start サービスの開始
docker compose stop サービスの停止
docker compose top 実行中のプロセスを表示
docker compose unpause サービスの一時停止を解除
docker compose up コンテナの作成と開始