docker compose down

説明

コンテナやネットワークの停止と削除をします。

使い方

$ docker compose down

補足説明

コンテナを停止し、 up によって作成されたコンテナ、ネットワーク、ボリューム、イメージを削除します。

デフォルトで削除するのは、以下の項目のみです。

  • Compose ファイルで定義したサービス用のコンテナ
  • Compose ファイルの networks セクションで定義したネットワーク
  • 使用していたデフォルトのネットワーク

外部で定義したネットワークとボリュームは、決して削除しません。

匿名ボリューム(anonymous volume) はデフォルトでは削除しません。しかしながら、これらは特定の名前を持っていませんので、 up した後で自動的にマウントされません。更新時にデータを保つ必要がある場合は、 バインド・マウント(bind mount)名前付きボリューム(named volume) を用いた外部のパスを使います。

オプション

名前, 省略形 デフォルト 説明
--remove-orphans   Compose ファイルで定義されていないサービス用のコンテナを削除
--rmi   サービスが使っていないイメージを削除。 local が削除するのは、カスタムタグ( local | all )が無いイメージのみ
--timeout , -t 10 停止までのタイムアウトを秒で指定
--volumes , -v   Compose ファイルの volumes セクションないで宣言された名前付きボリュームと、コンテナに接続している匿名ボリュームを削除。

親コマンド

コマンド 説明
docker Docker CLI のベースコマンド。

関連コマンド

コマンド 説明
docker compose biuld サービスの構築もしくは再構築
docker compose convert compose ファイルをプラットフォーム固有の形式に変換
docker compose cp サービス・コンテナとローカル・ファイルシステム間でファイルやフォルダをコピー
docker compose create サービス用のコンテナを作成
docker compose down コンテナやネットワークの停止と削除
docker compose events コンテナからリアルタイムにイベントを受信
docker compose exec 実行中のコンテナ内でコマンドを実行
docker compose images 作成したコンテナが使っているイメージを一覧表示
docker compose kill サービスコンテナを強制停止
docker compose logs コンテナからの出力を表示
docker compose ls 実行中の compose プロジェクトを一覧表示
docker compose pause サービスの一時停止
docker compose port ポートを確保している公開ポートを表示
docker compose ps コンテナを一覧表示
docker compose pull サービスのイメージを取得
docker compose push サービスのイメージを送信
docker compose restart コンテナの再起動
docker compose rm 停止済みのサービス・コンテナを削除
docker compose run サービスを一度限りのコマンドとして実行
docker compose start サービスの開始
docker compose stop サービスの停止
docker compose top 実行中のプロセスを表示
docker compose unpause サービスの一時停止を解除
docker compose up コンテナの作成と開始